丸い眼鏡はどんな人に似合う?

クラシカルで歴史を感じさせるシルエット

昔から眼鏡はほとんどが丸い物を基本としていたため丸い眼鏡は長い歴史があり、偉人などがかけている写真も多いので理知的なイメージをもっています。その反面手塚治虫などの影響で、個性的、コミカル、可愛らしいといった印象も一般的に広まっています。このように丸メガネに対する人の持つイメージの幅が非常に広いため、眼鏡と合わせた際の顔のシルエットや髪型、コーディネートによって大きく印象が変わるのが丸メガネの特徴です。しかしスーツなどのビジネスシーンにはあまりそぐわないという傾向もあります。これはスクエアタイプなどが普及したことにより、そちらのほうがよりシーンに合うためでもあり、ビジネスシーンでは丸メガネの持つ柔らかい雰囲気があまり必要とされていないからだと思われます。

丸メガネが似合うのはこんな人

丸メガネの丸いシルエットは厳しさよりも柔らかさであり、画一的ではなく個性的な雰囲気を持ちます。なので顎が鋭い逆三角形型の輪郭がかけると、その尖った雰囲気を和らげる事ができます。また痩せ型のスリムな輪郭も、流線型と円形は調和しやすく相性が良いと言われています。丸い形は大きく見える形でもあるので対比によって顔が小さく見える小顔効果を期待できるのでそちらを目的としてのチョイスもオススメです。また細いチタンフレームでは知的で静かなイメージなので控えめな性格の人に似合いますし、プラスチックのセルフレームは活発で個性的なイメージなので会話が好きで社交的な人にとても良く似合います。知的に見えるか、個性的で活発に見えるかもフレーム次第で使い分けることができるので、是非なりたい自分の雰囲気を参考に選んでみてください。